■レーシックガイド/レーシック手術の割引制度を有効活用

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことです。
最近では、レーシック手術の割引制度を採用している病院がたくさん出てきています。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
まずはクリニックへ行く前にウェブサイトなど隈なくチェックをするようにしてください。
またネットオークションで1円から販売されていることもあるので、覗いてみると良いでしょう。

 

レーシックを行っている病院は全国各地に多数あり、病院同士で集客の争いのために積極的に採用をしています。
レーシックの資料取り寄せをすると割引券を貰えたり、病院のウェブサイトから割引券が印刷出来たりなど様々あります。



■レーシックガイド/レーシック手術の割引制度を有効活用ブログ:2018年11月20日

本日、わたくしが住んでいる千歳は晴天です。

晴天の日もあれば、晴天の日もあり、晴天の日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
晴天の日もあれば晴天の日もあります。

やる気いっぱいに
「減量するぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいに減量を続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心にあめが降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「運動をサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなわたくしなんかどうせ減量できない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「わたくしなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「わたくしなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも晴天の日もあれば晴天の日もあります。
そういうものなんです。

あめの日には傘を差してあめをよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少減量をお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
減量は必ず成功します。




ホーム サイトマップ