■レーシックガイド/そもそもレーシックってどんな治療なのか

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。

 

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

傘立て、今すぐ
傘立てについてのサイト
http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/



■レーシックガイド/そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:2018年11月15日

シェイプアップのために
体質を動かしたり、
運動したりする習慣はとても大切ですが、
同時に運動した後のご飯管理も
シェイプアップには大切です。

運動で鍛えた筋肉を効率よくつけるためにも、
ご飯の質とタイミングを意識しましょう。

まず、運動前は
エネルギー源として使われる炭水化物からの
「グリコーゲン」が必要になります。

グリコーゲンが不足すると、
不足分のエネルギーを補うために
筋肉のたんぱく質を分解してエネルギー源にしてしまうので、
体質に筋肉をつきやすくするためにも
運動前には適度に炭水化物をとりましょう。

炭水化物には
即エネルギーに使われるものと
そうでないものがあるので、
運動開始時間に合わせて工夫しましょう!

例えば…
白ご飯・バナナ・コーンフレークなどは、
すぐにエネルギーになりますが、
パスタ・チャーハン・芋料理などは、
消化に時間がかかります。

そして、運動の後は、
筋肉や肝臓のグリコーゲンが消費されて、
筋肉を作るエネルギーが無くなります。

傷ついた筋肉の修復や疲労回復のためにも、
運動終了後は、
なるべく早くご飯をとるように心がけましょう。

ご飯内容は、
良質のたんぱく質とビタミン・ミネラルを中心に
バランスのとれたご飯が必要です。

良質のたんぱく質の
魚・肉・卵・大豆製品・牛乳・乳製品は、
アミノ酸が豊富で筋肉を作る材料になります。

さらにビタミンB群は、
タンパク質を筋肉に変えるために必要な栄養素なので、
ほうれん草やニラなどの緑黄色野菜や
胡麻なども同時に摂りましょう。

ただし動物性の肉や乳製品は脂質が高いので、
くれぐれも摂り過ぎには要注意です!

運動で鍛えた筋肉をできるだけ活かすためにも、
ご飯でしっかり栄養を補給しましょう!




ホーム サイトマップ