■レーシックガイド/100%失敗しないとは限りません

レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。
まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。

 

レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。



■レーシックガイド/100%失敗しないとは限りませんブログ:2018年07月14日

本日、おれが住んでいる難波は晴天です。

晴天の日もあれば、晴天の日もあり、晴天の日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
晴天の日もあれば晴天の日もあります。

やる気いっぱいに
「シェイプアップするぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいにシェイプアップを続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心に大雨が降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「トレーニングをサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなおれなんかどうせシェイプアップできない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「おれなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「おれなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも晴天の日もあれば晴天の日もあります。
そういうものなんです。

大雨の日には傘を差して大雨をよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少シェイプアップをお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
シェイプアップは必ず成功します。




ホーム サイトマップ