■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数

■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数



■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数ブログ:2016年11月29日


あたくしたち夫婦には、
生後三月になるお子さんがおります。

もちろん可愛くて仕方ないんですが…
とにかく泣き声がデカイ!!

「オギャー、オギャー」はかわいい方で、
あまり構わずにいると…

「ギョエ~、ギョエ~~!ギャアア~!!」と、
まるで虐待されているのではないか
と周りの人に思われるくらいの泣きかたをしてくれます。

妻とあたくしに余裕があるときは、
「そうか、そうか、なにを泣くことがあるの。ハハハ」
なんて、笑って接してあげているんですね…

しかし、あたくしたちも人間です。
疲れているときもあれば、余裕がないときもあります。

そんなときに、
「ギョエ~!ギョエ~~!!」と泣かれると、
「うわぁ~、もぅ疲れてるから、静かにしてぇ~」という気持ちになったり、
「ちょっと、頼むから寝かせて!!」という気持ちになるのです。

こんなとき、
妻かあたくしかどちらかに余裕があれば…

「パパは今日疲れているから、休ませてあげようね~」とか
「ママはいま手が離せないから、パパと遊ぼうね~」などと
お互いを気遣いながら、助け合うことができるのですが、
問題は、夫婦両方が疲労困憊のときです。

あたくしが一番キツイなぁ~と思ったのは、
やはり睡眠不足からくる疲れでしょうか。

あたくしも、12時は仕事に出かけていますし、
妻もお子さんと付きっきり状態になると、
少し息抜きする時間が欲しくなります。

特に、
お子さんと親の感情は繋がっているなぁ…と、
シミジミ感じるのですが、
疲れ果てて機嫌が悪い日に限って、
お子さんも機嫌が悪いのかすごく泣いてくれるんですよね。

抱いても、おしめを交換しても、おっぱいをあげても、
「ギョエ~!ギョエ~~!!」
もうお手上げ状態で、あたくしたちの方が泣きたくなります…


■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数

■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数

★メニュー

■レーシックガイド/安全性の高いレーシック手術
■レーシックガイド/レーシック手術の割引制度を有効活用
■レーシックガイド/日本国内でのレーシック実績
■レーシックガイド/レーシックの手術方法を理解しよう
■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数
■レーシックガイド/そもそもレーシックってどんな治療なのか
■レーシックガイド/100%失敗しないとは限りません
■レーシックガイド/もうコンタクトレンズは必要ありません
■レーシックガイド/サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
■レーシックガイド/レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)時代はレーシックにお任せください