■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数

■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数



■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数ブログ:2016年07月15日


皆さんは
痩せれば痩せるほど
「綺麗に見られる」「うらやましいと思われる」
と思っていませんか?

わたしは、痩せるだけが減量ではないし、
細ければ細い程、綺麗に見えるわけでもないと思うんですよね。

人をより綺麗に見せる減量法があり、
その中に自分をより引き立たせる美しさがあると思うんです。

よく「身長-110」kgが、理想の体重だと言われますよね。
わたしも以前は、この数値を目標に減量していました。

ところが、
目標の体重になったのに、体型はまだ肉付きのいいものだったんです。
なので、さらに体重を落とし始めました。
体重を落とすことだけを重視していたんですよね。

しかし、いくら体重を落としても
いい減量をしていなければ
理想の体型にはなれないんです。

わたしが減量を続けて感じた事は、
自分をより綺麗に見せるためには体重ではなく、
全体的な体型が必要という事なんです。

芸能人でも、
体重はそこまで細いわけではないけれど、
全体的にバランスがとれていてかっこいいな~
スタイルがいいな~と感じる芸能人っていますよね?

きっと運動も食事もバランスがとれているから、
綺麗なプロポーションに見えるんですよね。

わたしは、すれ違う人などをつい見てしまうんですが…
確かに細い人にも目はいきますが、やはり見とれてしまうのは、
全体的なバランスのとれたプロポーションをもっている人です。

結局、何が言いたいのかというと…
体重だけに目をやるのではなく、
それよりも、自分が一番きれいに見えるプロポーションを
手にいれるための減量をするべき!
…という事なんです。

体重を落とすことだけにとらわれず、
自分が一番美しく見えるプロポーションになるための
減量をしましょう!


■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数

■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数

★メニュー

■レーシックガイド/安全性の高いレーシック手術
■レーシックガイド/レーシック手術の割引制度を有効活用
■レーシックガイド/日本国内でのレーシック実績
■レーシックガイド/レーシックの手術方法を理解しよう
■レーシックガイド/大切なのはレーシックの実績数
■レーシックガイド/そもそもレーシックってどんな治療なのか
■レーシックガイド/100%失敗しないとは限りません
■レーシックガイド/もうコンタクトレンズは必要ありません
■レーシックガイド/サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
■レーシックガイド/レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)時代はレーシックにお任せください