■レーシックガイド/安全性の高いレーシック手術

レーシックの人気が徐々に高くなってきている理由の一つに非常に高い安全性というものが挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。
レーシックは眼科の専門医により適正な手術を行ってもらうことにより、とても安全な手術なのです。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。

 

現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えないのです。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。



■レーシックガイド/安全性の高いレーシック手術ブログ:2019年01月12日

大人と子どもとでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
子どもにとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
子どもが食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

子どもの食事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

子どもが摂取する穀物の多さこそ、
子どもの脳の発達を促すことになるのだ。

母としては、
子どもの栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母が大量におかずを作ってしまうと、
子どもは穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな子どもが育ってしまうのである。

子どもには日本の伝統的な食事で充分。
ご飯に味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食事を出していては、
子どもはバカになるだけ…

子どもというのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ身体も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は子どもみたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
子どもはそうはいかないのである。


ホーム サイトマップ